読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UbuntuでEclipseを日本語で導入するメモ

環境: Ubuntu11.10 in VMware Player 4.0.2 on Windows 7 Professional

参考: Eclipseを日本語化するには - Ubuntu Japanese Wiki

1. Pleiades パッケージをインストールする。

sudo aptitude install pleiades

このとき、依存関係でEclipse もインストールされる。

2. 設定ファイルを更新する。

/etc/eclipse.ini の
-vmargs よりも下に以下を追加。

-javaagent:/usr/lib/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

ただし、/etc/eclipse.ini はroot 権限が必要なので、以下のコマンドでemacs を起動。

sudo emacs /etc/eclipse.ini

f:id:Misat:20120717225545p:plain

日本語でeclipse が起動した。

ちなみに、私はインストールと編集にそれぞれaptitudeemacs を使ったが、apt-get とgedit で代用できる。gedit で/etc/eclipse.ini を編集するときは、

gksu gedit /etc/eclipse.ini

でgedit を起動する。





今回の教訓。
しばらく使っていないソフトはアップデートしましょう。